MENU
アーカイブ
管理人プロフィール
はるままの笑顔のアイコン
はるまま
大掃除をしなくっちゃ!

広島在住30代ママナース 。
2歳長男と0歳次男、35歳夫を育成中。

合言葉は「わたしはわたし。」
ちょっとタメになる子育て情報や
初心者のためのブログの始めかた
広島のグルメ情報など好きなことを
たくさん詰め込みました。

SWELLって高い…それでもみんなが使いたい理由【レビュー】

SWELL記事のアイキャッチ画像

当記事を「テレラボ」さんにて
紹介していただきました!

リモートワーク専門の求人サイトで、在宅での求人がたくさん掲載されています。
今回当記事が紹介していただいたように、他のブロガーさんについてもコラムの中に掲載されているのでぜひご覧ください!

こんにちは、はるまま(@harulala16)です。

以前、「おすすめのWordPress有料テーマ5選」というテーマでお話したのを覚えていらっしゃるでしょうか?

そこで、今回のテーマはその中からピックアップをして、

WordPress有料テーマのSWELLって、結局どうなの?

という疑問にお答えしていこうと思います。

はるまま

私もCocoon→THE THOR→SWELLと乗り換えたのですが、正直買うかどうかめちゃくちゃ悩みました。

こんな方におすすめ!
  • SWELLのリアルな口コミが知りたい方
  • 有料テーマがありすぎてどのテーマにするか迷っている方
  • 別のテーマからSWELLに乗り換えるか迷っている方
  • 乗り換えるかは分からないけどSWELLが気になっている方

この記事を読めば、きっとあなたもSWELLに乗り換えたくなるはず♪

\はるままオススメのWordPressテーマ/

SWELLの特徴を見てみる

目次

SWELLに乗り換えてよかった

結論から言うと、SWELLに乗り換えて大正解だったと感じています。

もう以前使っていたCocoonやTHE THORには戻れないですし、戻るつもりもないくらい満足です。

評価をつけるとするとこんな感じ。(個人的な見解です)

ついでにTHE THORとCocoonも評価してみました。

スクロールできます
SWELLTHE THORCocoon
デザイン性5.0 4.0 3.5
操作性5.0 2.5 3.5
サポート5.0 3.5 3.0
価格3.0 3.0 5.0
開発者の熱意5.0 3.0 4.0
総合評価4.5 3.2 3.8
勝手にSWELLを評価してみる

SWELLは価格以外の項目はすべて5点満点です。

(ほかの2テーマが良くないというわけではなく、筆者には合わなかったということです)

SWELLってどんなテーマ?

まずはSWELLがどんなテーマなのかご紹介。

SWELL公式サイトはこちら

WordPressの有料テーマで、2019年3月に了さん(@ddryo_loos)によって開発されました。

コンセプトは「圧倒的な使い心地を追求するWordpressテーマ」

ブロックエディター(Gutenberg)に完全対応しており、操作性の良さとデザイン性が売りです。

WordPress公式はグーテンベルグを推奨しており、クラシックエディターのサポートは少なくとも2022年までの予定となっています。(今後も必要とあればサポート・保守されるとのこと)

ブロックエディターでサクサク使用できるのがイメージできると思います!

クラシックエディターで慣れていた方は最初戸惑うかもしれませんが、慣れてしまうと快適に。

ブロックエディターの操作性が良くて直感的に使えるので、記事を書くのが早くなるし楽しくなります♪

結局SWELLに落ち着いた理由

これまで無料テーマCocoonと有料テーマTHE THORを試してきた筆者が、SWELLに落ち着いた理由を5つご紹介していきます。

1.ワンクリックでオシャレにカスタマイズ

SWELLに満足している一番の理由です。

とにかくカスタマイズが他のテーマと比べて超楽しい!(当社比)

筆者はブログなどのデザインを考えたり作ったりすることが好きでそれがモチベーションにもなっているので、ワンクリックで直感的にオシャレなデザインが作れるのはとても魅力的でした。

とても簡単にできるのに自由度が高いので、筆者もトップページをサイト型にしたりデザインをいろいろ変えてみたりと沼にハマりました。

また、ここ最近WordPressのアップデートで「パターン」という項目が増えて、下の画像のようによく利用するようなパターンがセットされるようになりました。

SWELLパターン1
SWELLのパターン例1
SWELLパターン2
SWELLのパターン例2

なので、リストを作って→グループ化して→囲み枠をセットして…などという工程を省略することができて記事を書くことに集中できるんです!

ちなみに、筆者がお気に入りのSWELLオリジナルブロックはこちらです。

キャプションボックス

今使っているのがキャプションボックスです。
ボックスに見出しを付けたいときってありますよね。
そんなときに活躍するのがこのブロック。

\キャプションボックスのおすすめポイント3つ/

  1. 7種類のデザインから選べる
  2. デフォルトカラーとは別に自身で決めた3種類の色が選べる
  3. タイトル部分に文章に合ったアイコンを設定できる
キャプションボックス
STEPブロック

会員登録の流れなど、手順を説明するときに活躍するのがこのブロック。
これを使うだけでなんだかプロっぽく見えちゃうのでおススメです。

\STEPブロックのおすすめポイント3つ!/

  1. 3種類のデザインから選べる
  2. STEP部分の文字を自由に変えることができる
  3. STEP部分の色を自由に変えることができる
STEPブロック

2.記事を書くスピードが上がる

先ほどの内容と関連することですが、記事作成の時にデザインに時間をかけずに済むようになったので、記事作成のスピードがぐんと上がりました。(といってもまだまだ遅いですが…)

実際にSWELLを使用する前と使用した後の記事作成時間をみてみましょう。

この部分のブロックのデザインはどうしよう…

あれ、この囲み枠ってどうやってやるんだっけ…?

なかなか思ったようなデザインにならず
試行錯誤しまくる。

その結果、記事作成時間 

7時間…

デザイン編集で止まることがないのでモチベーションを保ったまま楽しく記事を書けています。

作ったものの続けることが難しいのがブログです。

思い立ったときにサッとストレスなく記事を書けるのはブロガーにとってとても大切なポイントですね。

3.手厚いサポートとこまめなアップデート

もしもSWELLを使っている時に困ったことがあれば、購入者専用のサポートフォーラムで質問することができます。

早ければ30分以内、遅くとも当日中には回答があってとても丁寧に教えてもらえますよ。

また、下の画像を見てもらうと分かると思いますが、SWELLはアップデート回数がとても多いです。

SWELLアップデート回数
日々進化するSWELL

開発者である了さんの「より良いテーマにしたい!」という熱量がビシビシと伝わってきますよね。

このように、SWELLは日々進化を遂げている唯一のテーマなのです!

4.他テーマからの乗り換え用プラグイン

SWELLでは他テーマからの乗り換え用プラグインが用意されています。

この乗り換えサポートプラグインを利用すれば、移行後に大きく記事のデザインが崩れることはありません。

現在の対応テーマは、以下の6つです。

  1. AFFINGER5
  2. Cocoon
  3. JIN
  4. SANGO
  5. STORK
  6. THE THOR

筆者もTHE THORからの移行だったのでプラグインを使用しました。

ただし、注意点があります。

乗り換えサポートプラグインを使用していても、SWELLのブロックに対応していない囲み枠やボタンなどは表示されなくなってしまったりします。
過信しすぎず、テーマ移行時の応急処置的なイメージで使用したほうが良いと思います。
そして、移行後はなるべく早めにデザイン修正を行いましょうね!

まあ要するに、乗り換えプラグインを使っていても、ほぼすべての記事のデザイン修正が必要ということです。

筆者は移行時に50記事ほどあったので、すべてリライトするのにめちゃくちゃ時間がかかりました。

そうならないためにも、記事数が少ないうちに早めに乗り換えてしまうことをお勧めします!

\早めの乗り換えがオススメ!/

SWELLの特徴を見てみる

5.一度購入すると複数サイトで利用可能

SWELLは買い切り商品で、1度購入すると複数サイトで利用可能です。

※使用するサイトURLの登録が必要になりました。

つまり、1年使うのを月額換算すると約1500円。

2サイトで3年使えば、月々約250円3サイトで使うと月々約163円……!!

複数サイトで使えば使うほど、1サイトにかかる月額換算の料金は減っていきます。

筆者を含めブロガーさんたちは最初に雑記ブログを立ち上げて、慣れてきた頃に特化ブログを複数立ち上げる方が多いので長い目で見るととってもお得です。

SWELLを買うのをためらっていた理由

筆者がSWELLを買うのにためらっていた唯一の理由は、値段がお高めであることでした。

以前にも有料テーマTHE THORを購入して自分に合わなかったし、今回も失敗したらどうしよう…と2週間ほど悩みました。

ちなみにメジャーな有料テーマの価格はこんな感じです。

SWELLなかなか高いんですよ…

テーマ価格(高い順)
賢威24,800円(税込)
SWELL17,600円(税込)
THE THOR16,280円(税込)
AFFINGER514,800円(税込)
JIN14,800円(税込)
SANGO11,000円(税込)
有料テーマの価格を比較

そんな時に筆者の背中を押してくれたのは、現役SWELLユーザーさんたちの生の声でした。

ツイッターでたくさんのSWELLの口コミを読み、実際にそのブロガーさんのサイトを見て「SWELLなら大丈夫だ!」と実感・購入を決意しました。

SWELL利用者の口コミ

オシャレなSWELL使用サイト

さとしんさん(@__satoshin)のブログWebNote+で、SWELLを使った素敵なサイトをまとめてくれています。

さとしんさん自身もSWELLユーザーで、ブログもめちゃくちゃ洗練されていてオシャレ!

『SWELL』を使った素敵なサイト集はこちら

サイト集をチラ見せ

超絶オシャレで素敵なサイトやブログがたくさん…!

SWELLでこんなデザインも作れるのか!と目からウロコが落ちること間違いなし。

ちなみに筆者のブログも紹介してもらったので、見つけてみてくださいね♪

ぜひぜひブログデザインの参考にしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はSWELLを実際に使ってみたレビューとユーザーの口コミをまとめてみました。

SWELLの魅力は伝わりましたか?

記事を書くのが楽しくないと、なかなかブログは続きませんよね。

SWELLを使って、楽しくブログ運営をしていきましょう♪

では、本日はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


-おすすめ記事-

SWELL記事のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • まとめで最後にSWELLを背景灰色と点線で囲んで画像と文字、ボタンで紹介されていますが、SWELLのどんな機能で作成されたのでしょうか?
    他の商品なのですが、同じように紹介できればと思い質問いたしました。
    お手すきの際にご返信いただけるとさいわいです。

    • しょーいちさん、コメントありがとうございます。
      上手く伝わるか分かりませんが、ご説明いたしますね♪

      ①ブロックから30/70のカラムを選択します。
      ②左側のカラムには使用したい画像をサイズ調整をして挿入します。
      ③右側のカラムの1行目は段落ブロックを追加して商品名を入れます。(太字、文字サイズLです)
      ④右側カラムにさらに段落ブロックを追加して、価格や商品説明を入力します。
      ⑤その下に50/50のカラムブロックを追加します。
      ⑥追加した2つのカラムにどちらもSWELLボタンのブロックを追加してお好みの表示・URLを記載します。(ボタンサイズは大です)
      (50/50カラム下にもう一つボタンを入れたいときは、さらにSWELLボタンブロックを追加してください)
      ⑦左右どちらかのカラムを選択すると、カラム上に「ツール」が出てきます。その一番左側のカラムマークにマウスを合わせると「親を選択(カラム)」と出てくるので、そこをクリックします。
      ⑧すると左右のカラム全体が選択されるようになるので、そこでさらにツールの一番右側のオプションボタンから「グループ化」をクリックします。
      ⑨あとは画面右側の「スタイル」の部分でお好きな囲みを選択すれば完成です!

      少しややこしくて分かりにくい説明ですみません。
      もし分かりにくい箇所があれば、またコメントいただければと思います!

しょーいち へ返信する コメントをキャンセル

目次
トップへ
目次
閉じる