MENU
アーカイブ
管理人プロフィール
はるままの笑顔のアイコン
はるまま
大掃除をしなくっちゃ!

広島在住30代ママナース 。
2歳長男と0歳次男、35歳夫を育成中。

合言葉は「わたしはわたし。」
ちょっとタメになる子育て情報や
初心者のためのブログの始めかた
広島のグルメ情報など好きなことを
たくさん詰め込みました。

【専用プラグイン不要】SWELLの設定だけでサイトスピードを上げる方法

サイトスピードのアイキャッチ

みなさんのブログは、SEO対策していますか?

SEOとは

「検索エンジン最適化」のこと。
ネットで検索されたときに、自分のブログが他のブログやサイトよりも検索されやすい状態にすることを指す。

SEO対策と一括りにしましたが、じつにさまざまな対策方法があります。

記事のジャンル選びから始まり、キーワード選定、記事の書き方、パーマリンク、メタタグ、ディスクリプション、Googleアナリティクスにサーチコンソール。

初心者さん

なんじゃそりゃ??

初心者の人からすると聞いたこともないワードが続々。

先ほど出てきたワードについては、また追々別記事で詳しく説明していく予定ですのでご安心を。

今回はそんなSEO対策のなかでもWordPressテーマ「SWELL」に特化した『サイトスピード(サイトの表示速度)』に着目していきたいと思います。

筆者は本格的にサイトスピードの改善に取り組んだ結果、PC・スマホともにスコア100をたたき出すことができました。

サイトスピード100の画像
念願のスコア100

じつはサイトスピードを上げることはとても重要なので、最後まで読んでしっかり対策していきましょう!

※「専用プラグイン不要」と書いていますが、javaやcssの圧縮をしてスピードを上げるプラグインのことを指しています。
画像変換のプラグインなどは筆者は必要だと思っているので誤解のないようにお願い致します。

\はるままオススメのWordPressテーマ/

SWELLの特徴を見てみる

この記事で分かること
  • サイトスピード改善が大切な理由
  • サイトスピードを簡単に計測できるサイト
  • サイトスピードが格段に上がるSWELLの設定方法
目次

なぜサイトスピードの改善が必要なのか?

では、なぜサイトの表示速度の対策がそんなに重要なのか?

サイトスピードが遅いとどんな悪影響があるのかを説明していきます。

1.記事を読んでもらえなくなる

分かったさん

ちょっと想像してみてください。

あなたは調べ物をしていて、気になるタイトルの記事を見つけました。
早速読んでみようと思ってクリックしましたが、ページが重くなかなか開きません。

そんなとき、あなたならどうしますか?

私ならあきらめてページを閉じて違うサイトを探します。

おそらく多くの読者がそうなのではないでしょうか。

そしてそれは自分のブログでも同じことが言えますよね。

表示されるスピードが遅いと、頑張っていい記事を書いていても全く読まれずに閉じられてしまうことになります。

2.検索順位が下がる/記事がインデックスされなくなる

また、Googleは2018年に「Speed Update」というアルゴリズムのアップデートを行っています。

これは、サイトスピードが検索順位に少なからず影響を与える可能性があるということ。

サイトスピードがあまりに遅いと、Googleのクローラーが巡回を辞めてしまってせっかく書いた記事がインデックス(登録)されなかったりすることもあるようです。

そんなことにならないためにも、今すぐサイトスピードの改善を始めましょう!

サイトスピードを測ってみよう

実際に自分のブログの表示スピードを測ったことはありますか?

もしなければ、さっそく今から自分のブログのスコアを確認してみましょう。

サイトスピードを簡単に計測できるサイトがあるのでご紹介しますね。

面倒な会員登録などは無いのですぐに使えますよ♪

PageSpeed Insights

ページスピードインサイト

ブログのURLを入力するだけで、すぐにサイトスピードの計測を始めてくれます。

30秒ほど待つと、自分のブログのスコアがスマホ版/パソコン版どちらも表示されるので確認してみましょう。

ちなみに筆者の対策前のサイトスピードは、こんな感じでした。
(スクショするの忘れてました…)

スマホ:スコア28
パソコン:スコア66

こりゃひどいスコア…

でも、これがちょっと設定をするだけでスコア100になるんですよ!

SWELLの設定だけでできるサイトスピード改善方法とは

では、さっそくSWELL設定でサイトスピード改善をしていきましょう。

ちなみにSWELLはもともとサイトの高速化に力を入れていましたが、2021年8月からはサイト高速化のプロ『スキルシェア』と顧問契約を締結したことによって、さらに高速化がアップデートされています。

SWELLではない人は、これを機に乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

SWELLって高い…それでもみんなが使いたい理由【レビュー】

\SWELLに移行するなら早めが吉!/

サイトスピードが格段に上がるSWELL設定方法

少し話が脱線しましたが、SWELLの設定をしてみます。

よく分からなくても大丈夫。これからお見せする画像の通りに設定していけば誰でも簡単に設定できますよ♪

STEP
「SWELL設定」を開く

WordPressダッシュボードの左の項目にある「SWELL設定」をクリックします。

サイト高速化1

すると、SWELL設定画面が開きます。

STEP
「高速化」タブの必要な項目にチェック

「高速化」のタブを選択して、以下の項目に順番にチェックを入れていきましょう。

STEP
【キャッシュ機能】
サイト高速化2

こちらはすべてにチェックを入れておきます。

「ブログカードのキャッシュ期間」は30日に設定しましょう。(デフォルトでなっていたはず)

STEP
【遅延読み込み機能】
サイト高速化3
サイト高速化4

こちらは二つともチェックを入れます。

  • 記事下コンテンツを遅延読み込みさせる
  • フッターを遅延読み込みさせる

『スクリプトの遅延読み込み』の外部スクリプトを遅延読み込みさせるにチェック。

『遅延読み込み対象にするスクリプトのキーワード』には、以下をコピペしてください。

twitter.com/widgets.js,
instagram.com/embed.js,
connect.facebook.net,
assets.pinterest.com,
googletagmanager.com/gtag/js,
gtag(,
adsbygoogle.js,
clipboard.min.js,
set_urlcopy.min.js,
luminous.min.js,
set_luminous.min.js,
rellax.min.js,
set_rellax.min.js,
prism.js,
hcb_script.js,
pochipp/dist/js/update.js,

そして遅延させる秒数7秒に変えておきます。

STEP
【ファイルの読み込み】
サイト高速化5

こちらは以下の一項目だけチェックします。

  • SWELLのCSSをインラインで読み込む
STEP
【ページ遷移高速化】
サイト高速化6

『高速化の種類』はPrefetchにチェックを入れます。

それ以降はなにも入力しなくてOKです。

STEP
変更を保存してキャッシュを削除しておく

ここまでチェックしたら、必ず「変更を保存」をクリックして内容を保存してくださいね。
そして、『リセット』タブの「キャッシュのクリア」でキャッシュを削除しておきましょう。

サイト高速化7

キャッシュを削除しておかないと設定の変更が反映されない場合があるので忘れずに!

変更後はもう一度サイトスピードをチェック

設定を変更してキャッシュを削除したら、もう一度サイトスピードを計測してみましょう。

PageSpeed Insights

スコアが上がれば高速化成功です!

スコアの伸びがイマイチだった人は、以下の対策も試してみましょう。

サイトスピードを上げる画像変換プラグイン(順次更新予定)

それでもサイトスピードが上がらない人へ(順次更新予定)

SWELLの高速化設定でSEO対策もバッチリ

今回はSWELL設定だけでサイトスピードを上げる方法をご紹介してきました。

訳も分からないのにネットでオススメされていた高速化プラグインを入れてしまうと、最悪の場合データが破損してしまったりすることも。

なので、初心者の人は高速化プラグインはオススメできません。

というか、このSWELL設定のみで十分高速化が可能です。

みなさんもサイトスピードを改善して、Googleの検索上位を狙ってくださいね♪

\はるままオススメのWordPressテーマ/

SWELLの特徴を見てみる

ランキング参加中/

ブログランキングに参加しています。
この記事がいいなと思ったら「pochi」っとおねがいします♪

【人気ブログランキング】

【にほんブログ村】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
サイトスピードのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる