MENU
アーカイブ
管理人プロフィール
はるままの笑顔のアイコン
はるまま
大掃除をしなくっちゃ!

広島在住30代ママナース 。
2歳長男と0歳次男、35歳夫を育成中。

合言葉は「わたしはわたし。」
ちょっとタメになる子育て情報や
初心者のためのブログの始めかた
広島のグルメ情報など好きなことを
たくさん詰め込みました。

中古ドメイン初心者は要注意!絶対に選んではいけない5つのドメイン

選んではいけない中古ドメイン

こんにちは、はるまま(@harulala16)です。

「中古ドメインはSEO効果が高く、PVも収益も上げやすくなる」

そう聞いて中古ドメインを買ってみよう!と思いましたよね。

筆者もその一人でしたが、実は中古ドメインは安易に選ぶと失敗してしまうことが多いのが難点。

そこで今回は絶対に選んではいけない5つのドメインについてご紹介していきます。

中古ドメインの特徴やメリット/デメリットについては別記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

中古ドメインでPVも収益も倍増!ドメイン変更方法マニュアル

せっかく高いお金を出して買うのであれば、質の悪いドメインを引いてしまわないように、しっかりと見極めていきたいところ。

どこに注目して選ぶと良いのかを筆者なりにまとめてみました。
※あくまでも筆者の考えで、完全に正しい方法ではない可能性がありますので、ご了承くださいね。

目次

なぜドメインの質を見極めないといけないの?

ドメイン画像
中古ドメイン選びは超慎重に!

中古ドメインは、以前まで運用されていたサイトのドメインパワーや評価がそのまま引き継がれます。

その評価は良いものばかりではなく、悪い評価がついたドメインも数多く存在するのです。

そのことを知らずに「値段が高いから高品質だろう」と全くリサーチせずに買ってしまうと…

質の悪いドメインだった!!

自分のブログにペナルティが引き継がれちゃった!!

なんて事態に陥ってしまうのです。

そんなことにならないためにも、しっかりと時間をかけて見極めていきましょう。

初心者が注意したい、絶対に選んではいけないドメイン5つ

さっそく、どんなドメインを選んではいけないのか、そしてそれさえ選ばなければ大きな失敗はしないであろうポイントを紹介していきます。

  1. Googleから警告やペナルティを受けているドメイン
  2. アダルトサイトなど好ましくない業種での運用歷があるドメイン
  3. 中国語やロシア語の被リンク、アンカーテキストのドメイン
  4. ブランド名のドメインやアンカーテキストがブランド名のドメイン
  5. 数字だけや意味不明な文字列のドメイン

はい、これらは絶対に選ばないでください!!

これらは多くの場合、マイナスの評価がついたドメインである可能性が高いです。

こんなドメインを使ってしまったら、前述した通りSEOの効果どころか自分のブログにマイナス評価がついてしまいます。

では、ひとつずつ詳しく説明していきますね。

①Googleから警告やペナルティを受けているドメイン

以前のサイトが被リンクを増やすための自作自演のスパムリンクばかりだったり、フィッシングサイトなどの悪質なものであった場合、Googleから警告やペナルティを受けてしまうことがあります。

ペナルティのついたドメインを使用してしまうと、「自分のブログがGoogleにいつまでもインデックスされない」という最悪のケースに陥る可能性もあります。

ペナルティを受けたドメインはたくさん出回っているので、購入前には必ず確認するようにしましょう!

購入したいドメインがペナルティを受けていないかどうかは、「aguse.jp」というサイトで調べてみましょう。

URLを入力するだけで、安全なドメインかどうか簡単にチェックできますよ。

aguse.jp

aguse.jp
aguse.jp

②アダルトサイトなど好ましくない業種での運用歷があるドメイン

アダルトサイトなど、好ましくない業種で使用されていたドメインは、後々ペナルティを受けてしまう可能性が高くなります。

購入してしまった後にペナルティを受けてしまわないように、事前に前のサイトがどのようなサイトだったのかを確認しておく必要があります。

以前どんなサイトを運営していたか調べるには、「Internet Archive: Wayback Machine」というサイトが便利です。

こちらもURLを入力するだけで、どんなサイトだったのかをチェックすることができますよ。

Internet Archive: Wayback Machine

Wayback Machine
wayback machine

③中国語やロシア語の被リンク、アンカーテキストのドメイン

中国語やロシア語、アラビア語などの被リンクは、ほとんどの場合が「不明なリンク元」であると言われています。

すべてにおいて当てはまるわけではありませんが、優良なドメインを取得したいのであれば中国語やロシア語、アラビア語などの被リンクがあるドメインは避けましょう。

④ECサイトやブランド名が入ったドメイン

ECサイトやブランド名が入ったドメインは、適当なSEO対策しか為されていなかったサイトが多い印象です。

そのようなドメインはすぐに価値が下がってしまい、SEOの効果もほとんどないので選ばないようにしましょう。

⑤数字だけや意味不明な文字列のドメイン

数字だけや意味不明な文字列からなるドメインは、スパムサイトであった可能性が高いです。

例)・12345.com
  ・ggjikjh-8888.jp

必ずきちんと単語として成立していたり意味の分かる文字のドメインを選びましょう。

質の高いドメインを選ぶポイント3つ

先ほどは選んではいけないドメインについて説明しましたが、次は質の高いドメインを選ぶポイントを3つお教えします。

  1. ドメインパワー
  2. 被リンク数
  3. 被リンク分散数

被リンク分散数とは?
1つのサイトからの被リンクではなく、「何件のサイトから被リンクを獲得しているか」を表しています。
被リンクは同じサイトからたくさんもらうよりも、たくさんのサイトから1リンクずつもらう方がSEOの価値が高いとされています。
 1サイトから被リンク50個⇒✕
 50サイトから1つずつ被リンク⇒◎

また、メインのサイトで使うのか、サテライトサイト(第2、第3のブログ)で使うのかによって少しずつ選ぶポイントが異なります。

メインサイトで使用する場合はなるべく良質で価値の高いドメインを選んだ方が高いSEO効果が期待できます。

参考にしてみてくださいね!

メインサイト
  • ドメインパワー:50以上
  • 被リンク数:5,000以上
  • 被リンク分散数:300以上
サテライトサイト
  • ドメインパワー:40以上
  • 被リンク数:500以上被
  • リンク分散数:50以上

ちなみに筆者は購入した中古ドメインはメインサイトで使用しています。

中古ドメイン購入後にチェックすること

中古ドメインを購入したら、必ずチェックしておいて欲しいことが一点。

それは、手動ペナルティを受けていないか確認すること!

確認方法は簡単で、サーチコンソールを開いて、左のメニューにある「セキュリティと手動による対策」という項目から「手動による対策」をクリックします。

手動ペナルティ
ペナルティがないことを願いながらチェック。

上の図のように「問題は検出されませんでした」と表示されていればOKです。

しっかり選んだつもりでも、手動ペナルティを受けていないかどうかまでは分からない場合もあるので、購入後は必ずチェックしましょうね!

まとめ

今回は絶対に選んではいけない5つの中古ドメインについて説明をしてきました。

この記事のポイントさえ守れば、中古ドメイン選びに大きく失敗することはないと思います。

また、購入するときはよく分からない怪しいサイトではなく、日本の中古ドメイン専門店できちんとチェックされたものを選ぶとより安心安全ですよ。

筆者は「中古ドメイン販売屋さん」というサイトで購入しましたので、購入方法なども参考にしてみてくださいね。

「中古ドメイン販売屋さん」で中古ドメインを買う方法ただいま準備中…)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

中古ドメインでPVも収益も倍増!ドメイン変更方法マニュアル

▶︎今日からできる!ドメインパワー0からの脱却

ランキング参加中/

ブログランキングに参加しています。
この記事がいいなと思ったら「pochi」っとおねがいします♪

【人気ブログランキング】

【にほんブログ村】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
選んではいけない中古ドメイン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは!ドメインで自分のサイトが左右されるなんて考えてもみませんでした。これから有料ブログも考えているので、肝に銘じておきます。非常に有益な情報ありがとうございます。これからもまた書き続けてください。応援しています。

    • コメントありがとうございます。
      参考にしていただけて嬉しいです!
      中古ドメインは慎重に選んでくださいね☺️
      これからも記事作成頑張っていきますので、応援よろしくお願いします✨

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる