MENU
カテゴリー
アーカイブ
harumama
こころに寄り添うママナース
広島在住、1歳長男と35歳夫を育てている30代ママナースです。
現在第二子の次男妊娠中。
「web専門の知識も経験も0からブログ収益化を目指す!」
私が実践した内容や悩んだり困ったりしたことをお伝えしていきます。
気まぐれに広島グルメやパワースポット情報も発信♪

【徹底解説】中古ドメインで検索上位に!変更方法もご紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、harumamaです。

さっそくですが、今回のテーマはこちら!

「中古ドメインへの変更方法」です!

harumama

中古ドメインにどうやって変更したんですか?
変更方法が分からない!!

ここ最近、ちょこちょことこのようなご質問いただいていますので私が実践したの方法をお伝えしてみようと思います。

少し面倒ですが、中古ドメイン使用を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

こんな方におすすめ!
  • 新しいサイト・ブログ運営を中古ドメインで始めたい方
  • 現在サイト運営中で、中古ドメインに変更してみたい方
  • WordPress内の全てのデータを保持したままデータのドメインのみを変更したい方
  • 変更予定はないけれど中古ドメインについて知りたい方
目次

中古ドメインとは?

まずは中古ドメインについて簡単にご説明していきます。

過去に誰かが取得・使用していた独自ドメインの事を指します。

空いていれば1500円程度で取得できる新規ドメインに対して、中古ドメインにはSEO上の付加価値があることから、数千円~モノによっては数万円と高値で取引されています。

中古ドメインのメリット

過去に誰かが使用していたドメインなので、そのドメイン(URL)には他のWEBサイトからのリンク(被リンク)が残っており、SEOにおける外部評価が高い状態になっています。

いつかの記事でお話しした、「ドメインパワー」というやつですね。

また、一般的にドメインは運営期間が長ければ長いほど、検索エンジンからの評価も高くなります。

その運営期間の長い中古ドメインを活用して新たなホームページを作成すると、運営開始直後からいきなりビックキーワードで検索上位に表示される可能性が高くなるのです!

中古ドメインのデメリット

ただし、中古ドメインにはデメリットもあります。

ドメインによっては、前回の悪い評価を引き継いでしまうというデメリットが発生する場合もあります。

中古ドメインの運用履歴がデメリットとなる代表例

  • アダルトサイト
  • 違法サイト

このような運用歴のデメリットを避けるためにも、中古ドメインについては過去のサイト状況を確認できるツールを使って調査する必要があります。

【waybackmachine】は、過去のサイト状況を確認できるサイトです。購入を考えているドメインを記入すると、そのサイトを確認することができます。

以前のサイトが明らかにGoogleのペナルティを受けているものであった場合、新しいサイトは内容が改善されたものであることをGoogleにリクエストを送る必要があります。

また、中古ドメインに変更したからと言って検索上位がずっとキープされるわけではありません。

中古ドメインで得られた順位をキープできるよう、SEO対策は日々行っていく必要があることは忘れないようにしましょう!

中古ドメインの購入方法・選び方

こちらについては、購入サイトによっても様々なので、今回はあえて詳しく書きません。

各公式サイトのリンクを載せていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

【中古ドメインの選び方】

【中古ドメイン販売店】

中古ドメイン設定

中古ドメインを手に入れたら、まずはドメイン変更後のWordPressを設置するサーバーに中古ドメインを追加・設定します。

私はエックスサーバーを使用しているので、エックスサーバーの方法を詳しくお伝えしていきます。

他のサーバーをご利用中の方は、下のリンクを参考にしてみてください。

wpXでのドメイン設定
ロリポップでのドメイン設定
さくらインターネットでのドメイン設定

STEP
「ドメイン設定」をクリック

エックスサーバーのサーバーパネルにログインをして、「ドメイン設定」をクリックします。

STEP
「ドメイン設定の追加」をクリック

先ほど購入した中古ドメインを入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

STEP
入力内容を確認し「追加する」をクリック

追加する中古ドメイン名のつづりが間違っていないか確認してください。
正しければ、そのまま「追加する」をクリックします。

STEP
ドメイン設定の追加完了

「ドメイン設定の追加を完了しました。」が表示されたらドメイン設定の追加は完了です。

ネームサーバー設定

次に、中古ドメイン側の設定をしていきます。

購入した中古ドメインは、「ネームサーバー」を設定しなければ自分のサイトとして利用できません。

STEP
ネームサーバーの確認

まずは自分のネームサーバーを確認します。
サーバーパネルにログインし、「サーバー情報」をクリックします。

画面下の方にある、ネームサーバー1~5を確認してください。
(ちなみにエックスサーバーの場合、ネームサーバーは全員同じなので以下の画像のネームサーバーを書き写してもらっても構いません。)

STEP
ドメイン入手先の設定画面から、ネームサーバーを変更する

筆者はラッコドメインで入手したので、ラッコドメインの場合でご説明します。
管理画面の「ネームサーバー変更」をクリックします。

すると、ネームサーバー入力画面が表示されるので、先ほど確認したネームサーバー1~5を入力していきます。(入力欄が足りない場合は「入力フォーム追加」をクリックして追加してください。)
入力し終えたら「ネームサーバー変更」をクリックします。

STEP
ネームサーバーの設定完了

これで、中古ドメイン側のネームサーバー設定は完了です。

現サーバーデータとデータベースの取得

正しくドメイン変更するためには、全体のデータをご自身のパソコンにダウンロードし、ツールを使ってドメインデータを書き換え、新しいドメインが適用された環境に設置し直す作業が必要となってきます。

そのため、まずは現在のサーバーデータ(FTP)データベース(MySQL)を取得します。

サーバーデータは今からご紹介するFTPソフトで、データベースはレンタルサーバー提供のphpMyAdminでエクスポートしていきます。

現サーバーデータのダウンロード

現在のサーバーデータをダウンロードするには、「FTPソフト」というものをパソコンにインストールしておく必要があります。
FTPソフトとは、パソコンとサーバーを繋ぐためのツールになります。

筆者は以下のFTPソフトを使用しました。

FTPソフト「WinSCP」インストール方法

下のリンクをクリックして公式サイトに移動したら、「DOWNLOAD WINSCP」をクリックして最新バージョンのWinSCPを取得します。(2021年4月段階では5.17.10が最新バージョン)

WinSCP公式サイト

ダウンロードが完了したら、パソコン上に「WinSCP-5.17.10-Setup 」というファイルが出てくるので、このファイルを開きます。

ファイルを開くと確認画面が出てくるので、「実行」をクリックしてインストールを完了してください。

「WinSCP」の設定

インストールが完了したら、設定に移ります。

STEP
「WinSCP」を起動

デスクトップにインストールされた「WinSCP」をダブルクリックして起動します。

STEP
「新しいサイト」にログインする

「新しいサイト」を選択すると右側に入力欄が出ます。
まずは一番上の転送プロトコルを「FTP」に選択、「ホスト名」「ユーザ名」「パスワード」を入力して、最後に「保存」をクリックします。これでここまでの設定を保存しておくことができます。
※FTP情報が必要となります。FTP情報は、レンタルサーバー契約時のメールや、サーバーの管理画面などから確認することができます。

「保存」をクリックするとセッションの保存名の確認画面が出ます。
自分が分かりやすい名前にしておきましょう!(筆者はブログ名「HarulalaBlog」にしました)

STEP
「ログイン」して設定完了

「保存」が完了したら、「ログイン」をクリックします。
2画面に分かれたページになっていればログイン、設定完了です。

サーバーデータのダウンロード

サーバーにアクセスできたら「public_html」フォルダを開き、すべてのデータをダウンロードしていきます。

パソコン上に「サーバーデータ」というフォルダを作って、そこにまとめて保存しておくと分かりやすいですよ!

全てのデータを選択し、デスクトップ上に作成したフォルダにドラッグ&ドロップすれば、ダウンロードが簡単にできます。※ダウンロードには時間がかかる場合があります。筆者の場合は20分ほどかかりました。

これで現サーバーデータのダウンロードは完了です。

*長くなるので別の記事に移行します↓↓↓

【徹底解説】中古ドメインの変更方法その②(工事中…)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、中古ドメインの概要と中古ドメインの設定方法(現サーバーデータのダウンロード)までを解説してきました。

次回「現データベースのエクスポート」から変更完了までをご説明していく予定です。

少しややこしいですが、画像を見ながら一つずつ進めていってみてください!(Webど素人の筆者でもできたので大丈夫!)

では、本日はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


WordPressテーマ
SWELL

管理人がおすすめするWordPressテーマ
「SWELL」について

シンプルだけどスタイリッシュ
さらに高性能なWordPressテーマ
人気ブロガーの口コミNo.1の実力派です!

サクサク使えて
記事を書くのが楽しくなります♪

-おすすめ記事-

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる