MENU
カテゴリー
アーカイブ
harumama
こころに寄り添うママナース
広島在住、1歳長男と35歳夫を育てている30代ママナースです。
現在第二子の次男妊娠中。
「web専門の知識も経験も0からブログ収益化を目指す!」
私が実践した内容や悩んだり困ったりしたことをお伝えしていきます。
気まぐれに広島グルメやパワースポット情報も発信♪

恋愛運だけじゃない!出会いの季節にぴったりの広島縁結び神社3選

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、harumamaです。

もう少しで4月、新生活が始まりますね!

進級・進学、就職…人間関係がガラッと変わり、新しい出会いがたくさんある季節になります。

新しいクラスメイトや同僚、上司、友人…そしてもちろん恋人など、さまざまな人間関係が変化していきます。

新生活で良い人間関係を築く秘訣、実はあるんですよ♪

harumama

どうやったら良いご縁に恵まれるかな…?
そうだ!縁結びの神様にお願いしてみよう!

こんな方におすすめ!
  • 新しいクラスや学校、職場などで良い人間関係を築きたい方
  • 新しく素敵な出会いが欲しい方
  • 家族や友人、恋人との絆を深めたい方

スポンサーリンク

目次

素敵なご縁に恵まれる!広島の縁結び神社3選

比治山神社

まず最初ご紹介するのは、こちらの「比治山神社(ひじやまじんじゃ)」です。

もと黄幡大明神(おうばんだいみょうじん)と称し、比治山南の谷(俗称—黄幡谷)に鎮座されていましたが、正保3年3月(1646)現在の社地に移して鎮守社となったそうです。

通称「黄幡(おうばん)さん」として親しまれています。

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が主祭神で、縁結びの神社として有名です。

令和2年10月からは、人と人や大切な物事とのご縁・繋がりに感謝と祈りを込めて「縁」の文字をしたためられた御朱印を授与しています。

初穂料は500円で書き置きのみとなっています。

 また、郵送での授与も対応中とのことです。

【アクセス】

比治山神社(ひじやまじんじゃ)

参拝時間:御朱印受付:9:00~12:00 13:00~16:00

住所:広島県広島市南区比治山町5-10(地図を見る

交通:■広島電鉄(JR広島駅 南口より発車)比治山下経由 宇品行き 5番線乗車

   →【段原一丁目】または【比治山下】下車 徒歩3分

   ■広島バス (31)翠町線(広島駅〜翠町経由〜県病院前)

   →【比治山町】下車 徒歩2分

TEL:082-261-4191

駐車場:有り(20台無料)

出雲大社広島分祠

次にご紹介するのはこちら、「出雲大社広島分祠(いずもたいしゃひろしまぶんし)」です。

出雲大社といえば、島根県にある縁結びでとても有名な神社ですね。

その分祠が広島にもあるんですよ♪

山の中にひっそりと佇んでいますが、なんといっても出雲大社ですからね。

元旦などは多くの人でにぎわっており、御利益があることがうかがえます。

新生活のさまざまなご縁を結んでくれること間違いなしです!

【アクセス】

出雲大社広島分祠(いずもたいしゃひろしまぶんし)

住所:広島県安芸郡府中町山田5-4-1(地図を見る)

TEL:082-281-2123

交通:■JR 天神川駅から徒歩35分

   ■広電バス 府中ニュータウンバス停から徒歩9分

駐車場:不明

住吉神社

3つ目にご紹介するのはこちら、「住吉神社(すみよしじんじゃ)」です。

江戸時代、浅野藩の船の守護神として信仰されていました。

夏祭「すみよしさん」は広島三大祭の一つで、夏の風物詩として知られています。

縁結びで有名ですが、航海安全、交通安全、和歌の神、学問学芸成就など様々な御利益があるようです。

福山雅治さんが、コンサート前に参拝したことで有名ですね。

人気の「恋みくじ」はお正月だけの数量限定超レアなおみくじで、県外からこのおみくじを求めて来る人もいるようです。

【アクセス】

住吉神社(すみよしじんじゃ)

住所:広島県広島市中区住吉町5-10(地図を見る)

TEL:082-241-0104

交通:■広電バス3系統 紙屋町・市役所経由広島西飛行場行き 加古町下車すぐ
    広島バス25系統 吉島営業所行き 住吉町下車徒歩3分

   ■広島電鉄 市内線1系統 宇品行き・広電本社前行き 市役所前鷹野橋下車徒歩5分

駐車場:有り

縁結び神社の正しい参拝方法

【一】 軽くおじぎをして鳥居をくぐる

神社の本殿は神の住まいであり、鳥居を一歩入れば、そこは神域。

神様に失礼のないよう、鳥居をくぐるときは軽くおじぎをし、出る時も本殿に向かって軽くおじぎをします。

【二】 参道を歩く時は中央を避ける

参道の中央は「正中(せいちゅう)」といって、神様の通り道とされています。

神様に失礼にならないよう、真ん中を歩くことは避けます。

この先で使う手水舎が左右どちらに置かれているか分かっているなら、そちら側を歩くのが好ましいです。

【三】 手水舎で両手と口を清める

神様はけがれを最も嫌うので、参拝する前に手水舎(てみずや)で心身を清めます。

柄杓で水をくみ、左手、右手の順に洗い清め、最後に左手に受けた水で口をすすぐのが作法。

【四】 賽銭箱に静かに賽銭を入れる

賽銭は神への感謝の供物。

古くは参拝者の心身のけがれを祓うものとされたため、今も賽銭箱に投げ入れる人を見ますが、神社では静かに入れるようにと勧めています。

【五】 神前の鈴を鳴らす

賽銭箱の上につるされた鈴を鳴らし、参拝に来たことを神様に知らせます。

鈴の音色には邪気を祓い、神様のパワーを呼び起こす霊力があるとも言われています。

【六】 二礼二拍手一礼をする

神社の参拝作法は、まず賽銭箱の前で軽くおじぎをし、次に深いおじぎ(90度)を2回。

そして柏手を2回打ちます。

祈りを捧げたら、深いおじぎを1回して、最後に軽くおじぎをします。

神社で祈る際は、願い事を唱えるだけでなく、まずは神様への感謝の言葉も忘れずに。

さらに自分の名前と住所も心の中で伝えることが肝心です。

※なお、二礼二拍手一礼は一般的に神社で参拝するときの作法。お寺では柏手を打たず、そっと合掌するのがマナーです。

お参りにおけるタブー
✖ 手水舎で柄杓に口をつけること
  柄杓から左手に水を受けて口をすすぐのが正しい作法です。
✖ 境内で肌を露出した服装をすること
  神社の境内は聖域。肌の露出した服や帽子をかぶったりするのは慎みましょう。
✖ 神前でのお参りを後回しにすること
  神様へ参拝する前に授与所などでお守りやおみくじを求めるのは失礼にあたります。

まとめ

いかがでしたか?

本日は「恋愛運だけじゃない!出会いの季節にぴったりの広島縁結び神社3選」というテーマでご紹介してきました。

新生活に良い人間関係が築けるように、近くを立ち寄った際はぜひ神様にお願いしてみてくださいね!

もしかすると、そこで素敵な出会いがあるかも…しれませんよ♪

私も素敵なご縁を求めて、参拝してみようと思います。

では、本日はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

-おすすめ記事-

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる