当サイトのイベント情報について

  • JSBC SNOWTOWN 京セラドーム大阪9階 季節常設の国内最大スノーボード専門店
  • スノーボード天国 全国各地でスノーボードのバーゲンを開催!案内状申込でお得な情報を!
  • JSBCツアーデスク スキー・スノーボードツアーなら近ゲレがお得!
  • WINTER PLUS お買い得リフト券といえばウインタープラス!

DETAIL/詳細

HOME > SPECIAL > なまらアメリカン #7 Windells -rider2-

DETAIL


なまらアメリカン #7 Windells -rider2-

2012年09月12日


はい、4回に渡ってお送りしてきたWindells編の最終回、ライダーその2です。

いやぁ、ミラクル起こりました。
えー、今回は要チェックライダーという事を前回お伝えしましたが、
どの位のレベルで要チェックかというのを最初のライダーで感じてもらえるんじゃないでしょうか…w

では、どうぞ。

*******************************************

#7 Windells -rider2-

はい、出ました。Torin Yater Wallace
彼、早速昨日のNZで行われたW杯HPで優勝しております。

 

ターゲットの◎マークを見つけ、速攻で駆け寄りました。
ノーストックで、テールを持ちながら、少し軸の入ったバックフリップやフロントフリップなど変わったトリックをしていました。

 

なんとまだ17歳。かなりのシャイでした。

コーク5ブラントがお気に入りだそうです。
若いだけあって、オリンピックも強く意識しているそうです。

オリンピックに興味のあるライダーは沢山いましたが、みんな口をそろえて「オリンピック競技になっても楽しむ事が一番だよ」と言っていました。
Torinもその一人です。オリンピックはあくまで今やっていることの延長線と捉えているようです。

続いて、Lucas Stal-Midison

 

スウェーデン出身の注目の若手ライダー。
Super Unknown 2012で優勝し、Level1クルーに。
アプローチでテールチップを掴みながらの、しゃがみコーク5など、初めて見るような独特な動きをしていました。
Torinと仲がよく、交互に追い撮りしていました。

 

写真はアプローチからテール持ちっぱなしのしゃがみコーク5
同じくセーフティ持ちっぱのカービングコーク5もやっていました。

器用にカービングして、浮いたほうのアウトエッジを掴んで飛んでいました。
ほかにもSWコーク3など見た事ないトリックを連発していました。
Level1の最新ムービー、Sunnyパートもあるらしく、かなり注目です。

次はスーパーキッズAspen Spora

 

11歳にもかかわらず、Armada, Oakleyなどからスポンサーを受けています。
昨年のX-gamesで前走をするなど、将来のスーパースター間違いなしです。
このキャンプにも招待されて来ているようでした。

 

最後はColby James West

 

僕たちがこのキャンプ中に一番話した時間が長いのが、おそらくColbyです。
昨年のセグメントでは、CGをつかったシーンが話題になりましたが、一人黙々とビックキッカーをハイクするなど、実はとてもまじめな人です。
Colby(ニューハンプシャー)もTom(ペンシルベニア)もスキーの盛んな場所の出身ではないのに、今ではスーパースターです。
共通して言えるのは努力家である事だと、本気で思いました。

「ただのスキーヤーではなく、同時にエンターテイナーでありたい」とcolbyは考えています。それが昨年のセグメントのようなものを生むんですね。

Tシャツをバラクラバの様に顔に巻くのがお気に入りで、かれこれ6-7年やっているそう。
忍者みたいでカッコイイし、日焼け止めを塗るのが嫌いで始めたみたいです。

 

スイッチに強いこだわりをもっていて、特にゼロスピンはお気に入り。
シンプルでかっこいい、そして難しい。

ここ数年はフィルミング中心だったが、今シーズンはコンペシーンに重点を置くそう。
FISの大会でアルゼンチンにも行くとのこと。

これでWindellsからのレポートは終わりです。
とにかくスーパースターだらけで、あっという間の1週間でした。
友達もかなり増えたし、最高の思い出です。
最後に集合写真を撮りました。

 

次回からはアメリカを飛び出してカナダに向かいます。

*******************************************

という事で、Windells編は今回で終了です。
お金はかかりそうですが、凄い環境で夢のような時間を過ごせそうですね!
いつか、日本人がコーチとしてキャンプを手伝う日が来ると信じてますw

えー、今回は思い出話はやめといて、
彼らの参加したWindells Session 5の映像を紹介します。

 

どっかしらで出てきてくれると信じていましたが、願いは通じなかったようで…
せめて2.58の卵のシーンはいけたんじゃないかと思うんですけどねー…w

これにて7回目も終了です。
次回からはカナダ編に突入します。

「タイトルアメリカンすけど、次回からはカナダなんです。大丈夫すか?」
って本気で聞いてくる意外に純粋なカワイイ奴らです。

では、次回「なまらカナディアン」お楽しみに!!www

最後に今回も主人公の3人を紹介しておきましょう。

左 )加賀 飛雄馬 S-Airスタッフ。札幌出身の大学生 今回の旅の発案者
中央)河野 祥伍   野沢温泉出身の大学院生
右 )河野 有輝   ウィスラーで勉強中の23歳。通称ししゃも

コメント投稿

名前
メールアドレス
URL
コメント
(スタイル用のHTMLタグが使えます)

トラックバック

このコンテンツのトラックバックURL

Internet Explorer version 6,7

当サイトは、Internet Explorer version 6,7非対応です。Internet Explorerversion6,7でご覧いただいても、正確に表示されませんので最新のInternet Explorerでご覧いただく事を推奨します。
最新のInternet Explorerのダウンロードはこちらから
注意

PAGE TOP