当サイトのイベント情報について

  • JSBC SNOWTOWN 京セラドーム大阪9階 季節常設の国内最大スノーボード専門店
  • スノーボード天国 全国各地でスノーボードのバーゲンを開催!案内状申込でお得な情報を!
  • JSBCツアーデスク スキー・スノーボードツアーなら近ゲレがお得!
  • WINTER PLUS お買い得リフト券といえばウインタープラス!

DETAIL/詳細

HOME > SPECIAL > IMPRESSIVE SKIERS2012 #1「主役」

DETAIL


IMPRESSIVE SKIERS2012 #1「主役」

2012年11月19日

img_impressive1

えー、この企画、お蔵入りしそうになっていた訳ですが、FREESKiiNGに感化されたんでやっときます。
FREESKiiNGとはまた違った僕の視点で先シーズンの振り返りをしてみようかという企画。
結構前に書いたので、2011-12シーズンを「今シーズン」と言っています。ご了承ください。

ちなみに今シーズンは来週からアメリカに修行に行くらしい…

では、どぞ。

***************************************

Re-ski IMPRESSIVE SKIERS 2012
#1 「主役」
HIDEMITSU OKADA

今シーズン、僕が見てきたコンテストを中心としたフリースキーシーンの中で、
注目したスキーヤーを独断と偏見でピックアップし、来シーズンへの期待を込めて、それとなく紹介するコーナー。
第一回目のスキーヤーは「ヒデ」こと「岡田英光」

僕が今シーズン、最もノっていたスキーヤーを一人選べと言われたら、
間違いなく「岡田英光」と即答する。

ヒデの事を振り返ると一番最初に思い出すのは昨年のカナダカップ。
ダブルの波が日本のコンテストシーンにもやってきたと感じたこの大会。
未完成の技で失敗していく選手が多い中、正確なS1080ミュートグラブでいつの間にか準優勝という結果を残していたヒデ。
あの結果がフロックだったワケじゃないという事を今シーズン見事に証明してくれた。

まずは札幌で行われた「白い恋人PARK AIR」
長田慎士、遠山巧、藤田サイモンなどの超実力派が揃ったこの大会。
独特のキッカーとハードなランディングバーンで本来のパフォーマンスが出来ない選手が多い中、
「オレはこの技なら戦える」と言わんばかりの、完成度の高い900で見事優勝!

アルツジャムは見てないから何とも言えないけど… 結果を聞けば、優勝!

その後の石打で行われたS.S.P Jamboreeでもトーナメントで藤田サイモンを破っての4位入賞。
PARK AIR、アルツジャムでの優勝という経験からか、それともこちらがそういう意識で見てしまうのか…
この頃のヒデのジャンプには「自信」が感じられた。

僕の中で日本のパークライダーの特徴的な人種として「階段型」な選手がいると思っている。
もともと決して器用なタイプではなく、基礎を作り、その上に一段一段足場を固めて階段を上っていく。
日本人にはこのタイプが多いと思っているし、日本人の気質に合っていると思う。
僕の中での代表的な選手というか先駆者というか…はズバリ、藤田サイモンだ。

そう簡単には崩れない、足場を積み重ねてきたこのタイプの選手は本当の意味で1つ1つトリックをマスターしていく。
だから大会でも自分のマスターしている技であれば自信を持ってパフォーマンスが出来る。
サイモンの事はそのうち触れるとして、ヒデもこのタイプなんではないかと思っている。
900をやろうとしているヒデのスタートの空気感はなんとなくサイモンのそれに似ているのだ。

ヒデは北海道のスキーヤーのイメージとは少し異なるのが面白い。

ただ、申し訳ないが、僕の中でヒデはまだ、いつでも優勝争いに絡めるトップライダーという感覚ではない。
芽が出てきた、これから確実にトップライダー入りするであろう選手という分類にいる。

現状のままでは、他の選手が高難易度のトリックを上手くまとめてきたらヒデは勝てないだろう。
この先、ヒデが海外進出を考えているならば同じ事が言えると思う。

これは今シーズン、ヒデの完成度の高い1080を見れていない事、
ダブルを立ってくる選手が増えている中、それでも対抗出来うる、回転数の技を見れていない事。
によるものだから、僕が知らないだけなのかもしれないが…

まぁ、ここから先のステップが間違いなくキーポイントで、ヒデにとっては高いハードルがいくつもあるのかもしれない。
それでもこの勢いをそのままに、自分の積み重ねてきたものを信じて、成長していく姿を僕は期待している。

 

hide

岡田英光
1989年12月20日生まれ。北海道出身

Records:
白い恋人 PARK AIR 2010 2位
アルツジャム2010 優勝
ORAGE AIR STADIUM CANADA INVITATIONAL 2011 2位
白い恋人PARK AIR 2012優勝
アルツジャム2012 優勝

Sponsor:
VOLKL,MARKER,GEN, SMITH,BULA,RESCUE WAX,BUMPS札幌,涸沢小屋

コメント投稿

名前
メールアドレス
URL
コメント
(スタイル用のHTMLタグが使えます)

トラックバック

このコンテンツのトラックバックURL

Internet Explorer version 6,7

当サイトは、Internet Explorer version 6,7非対応です。Internet Explorerversion6,7でご覧いただいても、正確に表示されませんので最新のInternet Explorerでご覧いただく事を推奨します。
最新のInternet Explorerのダウンロードはこちらから
注意

PAGE TOP